Welcome to Takara Lab

社会・環境変化や極端気象による災害を防止・軽減するための技術政策に向けて


私たちの研究室は、 京都大学防災研究所 総合防災研究グループ 社会防災研究部門 に属する 防災技術政策研究分野  寶研究室です。


当研究室には、京都大学地球工学科土木工学コースに在籍する学部生、京都大学工学研究科社会基盤工学専攻に在籍する大学院生(修士課程、博士課程)が所属しています。また所属する大学院生の多くは、グローバル生存学大学院連携プログラムやグローバルCOEプログラムなど学際的な研究教育プログラムにも参加しています。


当研究室では、気候変動の影響評価とその適応策、都市・地域・流域規模の災害リスクの定量化に関する研究進めています。具体的には、高度なシミュレーションモデルや影響評価モデルを用いて、水資源や洪水・土砂災害、都市における災害に関する様々な予測技術を開発します。また国内外の研究フィールドでの観測・実験およびリモートセンシング、極値データの頻度解析などにより、社会・環境変化のモニタリングと予測、防災に関する計画論や政策論を考究しています。