氏名

佐山 敬洋
SAYAMA Takahiro

sayama_May2016.jpg

CV

 

所属

京都大学 防災研究所 准教授
Associate Professor, Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University

連絡先

Email: sayama.takahiro.3u[at]kyoto-u.ac.jp
Tel: +81-774-38-4660
Fax: +81-774-38-4130

住所: 〒611-0011 宇治市五ヶ庄
Address: Gokasho Uji, 611-0011, Japan

経歴

  • 1994年4月:明石工業高等専門学校都市システム工学科入学
  • 1999年3月19日:同上卒業
  • 1999年4月9日:京都大学工学部地球工学科土木工学コース編入
  • 2001年3月26日:同上卒業
  • 2001年4月11日:京都大学大学院工学研究科修士課程土木工学専攻入学
  • 2001年9月-2002年4月:カナダウォータール大学交換留学
  • 2003年3月24日:同上修了
  • 2003年4月7日:京都大学大学院工学研究科博士後期課程都市環境工学科進学
  • 2003年4月-2005年3月:日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 2005年3月31日:同上退学
  • 2005年4月:京都大学防災研究所 社会防災研究部門 防災技術政策研究分野 助手
  • 2007年1月23日:京都大学博士(工学)
  • 2007年4月:京都大学防災研究所 社会防災研究部門 防災技術政策研究分野 助教
  • 2007年8月20日-2009年8月19日:オレゴン州立大学 客員研究員 (JSPS海外特別研究員)

専門分野

  • 水工学
  • 水文学
  • 水災害リスクマネジメント

研究内容

  • 洪水予測
  • 水災害リスク評価
  • 降雨流出・洪水氾濫プロセスの解明とモデリング

学位論文

  • 佐山敬洋 : 降雨流出系の分布型モデリングと予測の不確実性評価に関する研究, 京都大学博士論文, 2007年1月.
  • Takahiro SAYAMA : Evaluation of Reliability and Complexity of Rainfall Sediment Runoff Models, 京都大学修士論文, 2003年2月.
  • 佐山敬洋 : インドネシア・ブランタス川上流域における分布型土砂流出モデルの構築, 京都大学卒業論文, 2001年2月.

賞罰 (Award)

  • 2014年6月13日:土木学会論文賞
    「2011年タイ洪水を対象にした緊急対応の降雨流出氾濫予測」
    (佐山敬洋・建部 祐哉・藤岡 奨・牛山 朋來・萬矢 敦啓・田中 茂信)
  • Best Paper Award by Japan Society for Civil Engineers,
    Takahiro Sayama, Yuya Tatebe, Susumu Fujioka, Tomoki Ushiyama, Atsuhiro Yorozuya and Shigenobu Tanaka,
    "An Emergency Response-type Rainfall-Runoff-Inundation Prediction for 2011 Thailand Flood", JSCE, Vol. 69, No. 1, pp. 14-29, 2013, 2014.6.13.
  • 2013年7月5日:国土技術開発賞 (優秀賞)
    「降雨流出氾濫モデル(RRIモデル)」
  • The 15th Infrastructure Technology Development Award (excellence prizes) by Japan Institute of Country-ology and Engineering (JICE)
    "Rainfall-Runoff-Inundation (RRI) Model -A Technology for Rainfall-Runoff-Inundation Predictions of Large-Scale Floods in the World-", 2013.7.5.
  • 2013年4月16日:若手科学者賞 (科学技術分野の文部科学大臣表彰)
    「世界の大洪水を対象にした降雨流出氾濫予測に関する研究」
  • 2013 Young Scientists' Prize, Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT)
    Takahiro Sayama, "On Rainfall-Runoff-Inundation Simulation of Mega-flood events in the world", 2013.4.16.
  • 2011年3月8日:土木学会水工学論文奨励賞
    「分布型流出モデルと動的計画法の統合による貯水池制御最適化シミュレータの開発」
  • 2008年8月27日:水文・水資源学会論文奨励賞
    「分布型流出モデルにおける流水の時空間起源に応じたハイドログラフ分離法」
  • 2008年7月31日:Best Poster Award (1st place), International Conference on Hydropedology
    「The effect of soil depth distribution on the age, origin, and flowpath of water at the catchment scale」
  • 2007年5月25日:土木学会論文賞,
    「広域分布型流出予測システムの開発とダム群治水効果の評価」
    (立川康人・寶 馨・佐山敬洋・市川 温)
  • 2006年5月26日:土木学会論文奨励賞,
    「分布型降雨流出予測の不確実性評価に関する研究(総合題目)」
  • 2005年12月26日:平成17年度土木学会全国大会第60回年次学術講演会優秀発表賞
  • 2004年10月28日:平成16年度土木学会全国大会第59回年次学術講演会優秀発表賞
  • 2003年11月10日:平成15年度土木学会全国大会第58回年次学術講演会優秀発表賞
  • 2003年5月31日:平成15年度土木学会関西支部年次学術講演会優秀発表賞

主な研究プロジェクト

  • 2015年4月-2017年3月(予定):[代表] 河川基金
    「モービルマッピングシステムによる浸水深分布計測に関する研究」
  • 2015年4月-2019年3月(予定):[代表] 科学研究費補助金(基盤(B))
    「ICTによる災害情報の共有を想定したリアルタイム浸水ハザードマッピング」,13,500千円(直接、交付予定額)
  • 2012年4月-2015年3月:[代表] 科学研究費補助金(基盤(C)),
    「世界の大規模洪水を対象とした降雨流出氾濫現象の解明と予測に関する研究」,5,200千円
  • 2011年10月-:[分担] CREST(「持続可能な水利用を実現する革新的な技術とシステム」),
    「良質で安全な水の持続的な供給を実現するための山体地下水資源開発技術の構築,代表:小杉賢一郎」
  • 2010年4月-2012年3月:[代表] 科学研究費補助金(若手研究(B)),
    「全球水文モデルのネスティングによる洪水流出氾濫一体シミュレーション」,3,640千円
  • 2010年4月-2015年3月:[分担] 科学研究費補助金(基盤研究(A)),
    「豪雨時の表層崩壊に起因する土石流の規模と発生時刻の予測,代表:小杉賢一朗」
  • 2010年4月-2011年3月:[分担] 河川整備基金,
    「2009年8月佐用町豪雨災害に関する調査研究,代表:藤田一郎」
  • 2010年4月-2013年3月:[分担] 河川整備基金,
    「CommonMPを用いた高度水工シミュレーション環境および周辺技術の開発とそれらの普及,代表:椎葉充晴」
  • 2007年8月20日-2009年8月19日:JSPS海外特別研究員,
    「降雨流出機構の解明に基づく流域水・物質循環シミュレータの開発」
  • 2006年4月-2009年3月:[代表] 科学研究費補助金(若手研究(B)),
    「リアルタイム分布型流出予測とその不確実性評価に基づくダム貯水池群の統合操作」,3,600千円
    (2007年8月からJSPS海外特別研究員として長期海外出張予定のため2007年3月で辞退)
  • 2006年4月-2007年3月:[代表] 河川整備基金助成,
    「リアルタイム分布型流出予測に基づくダム群の事前放流に関する研究」,800千円
  • 2006年4月-2007年3月:[分担] 科学研究費補助金(基盤(C))
    「基本高水の不確かさの評価とそのUngauged Basinへの適用,代表:立川康人」
  • 2005年12月-2006年6月:若手研究者スタートアップ研究 (京都大学),
    「火山性の地域における降雨土砂流出機構の現地計測とモデリングに関する研究」,500千円
  • 2005年4月-2006年3月:[分担] 国土交通省建設技術研究助成
    「リアルタイム高度水防災情報提供システムに関する研究開発,代表:立川康人」
  • 2004年4月-2005年3月:[分担] 科学研究費補助金(基盤(C))
    「総合的な分布型流出予測システムの構成と治水安全度評価に基づく治水計画手法の新展開,代表:立川康人」
  • 2002年4月-2007年3月:[分担] 戦略的創造研究推進事業CREST
    「社会変動と水循環の相互作用評価モデルの構築,代表:寶 馨」

授業担当

(京都大学学部)
2015年前期: 工学部地球工学科, 水文学基礎
2015年前期: International Course Program of Civil Engineering, Fundamentals of Hydrology
2007年前期: 工学部地球工学科,水理実験
2005年前期: 全学共通開設科目,ポケットゼミ「自然環境観測実験体験ゼミ」

(京都大学大学院)
2015年前期: 工学研究科, 水文気象防災学
2015年前期: グローバル生存学大学院連携プログラム, グローバル生存学

(政策研究大学院大学 / 水災害リスクマネジメントコース)
2013-2014: Basic Practice on Flood Forecasting and Inundation Analysis (DMP2890E)
2010-2014: Computer Programming (DMP180E)
2010-2012: Practice on Flood Hazard Modeling and Flood Forecasting (DMP386E)

(Oregon State University)
2008, 2009: Field Hydrology Course

査読を担当した論文

  • Encyclopedia of Hydrology
  • Geography Compass
  • Journal of Flood Risk Management
  • Journal of Hydrology
  • Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering
  • Natural Hazards
  • Hydrology and Earth System Sciences
  • Hydrological Processes
  • Hydrological Research Letters
  • Water Research
  • Water Resources Research
  • 土木学会論文集
  • 土木学会水工学論文集
  • 水文・水資源学会論文誌

所属学会

非常勤講師・委員等

  • 2015年9月〜現在 土木学会水工学委員会河川部会委員(水文部会交流委員)
  • 2015年5月〜現在 土木研究所招へい研究員
  • 2015年6月〜現在 土木学会論文集編集委員会(B1・B2・B3分冊合同編集小委員会)
  • 2013年7月〜2015年3月 土木学会 水工学委員会 水害対策小委員会 委員
  • 2013年5月〜2015年3月 損害保険料率機構 災害科学研究会 風水部会 委員
  • 2012年8月〜現在 水文・水資源学会 情報基盤システム委員会 委員、総会・研究発表会企画小委員会 委員
  • 2010年10月〜2012年3月 兵庫県・「氾濫予測システム検討会」委員
  • 2010年4月〜2011年3月 京都大学防災研究所非常勤講師
  • 2010年9月〜現在 筑波大学大学院生命環境科学研究科非常勤講師
  • 2010年4月〜2012年3月 京都大学防災研究所非常勤講師
  • 2009年8月〜2010年3月 土木学会関西支部 兵庫県佐用町河川災害調査団員
  • 2009年9月〜現在 土木学会 水工学委員会 水文部会委員
  • 2008年9月〜現在 水文・水資源学会 国際誌編集委員会委員

(Counter: 9602) + 8000 (on Nov. 15, 2011)